CRA求人サイトTOP画像

土日休みのCRA求人をお探しの方へ!

CRA(臨床開発モニター / Clinical Research Associate)の業務は決して楽なものではなく、残業などは当たり前といえます。平均すると月30〜40時間の残業が発生しており、CRAは毎日1〜2時間の残業をしていることになります。CRAの業務に残業が発生してしまうのは、単純に治験業務が長引いてしまったというケースもありますが、むしろ、治験終了後のデータの取りまとめなどの事務作業や、出張による移動時間などもあるためです。そもそもCRAの業務は、新たに開発された薬の承認のために欠かせない、非常に重要な治験業務なので、時間内に終了することが少ないのは当然のことといえるでしょう。

CRAには残業がつきものといえますが、だからといったすべてのCRAが残業に追われているというわけではありません。CRAの求人情報などを見ると、「残業なし」と明記されているものもあれば、「残業は月20時間以内」といったように、残業がない・少ないことを強調して人材を募集している案件も見られます。CRAの職場においては、残業が多く発生しているのは事実ですが、100%というわけではないということです。現に、残業がまったくなかったり、かなり少なめの企業も多くあります。転職を考える際には、こうしたこともしっかりチェックしておきましょう。せっかく採用されても、連日、長時間に及ぶ残業に追われるようでは、安定的に業務を続けることは困難になってしまい、また別の会社への転職を考える必要が出てきてしまいます。

もっとも、出張などの移動に要する時間はやむをえないとしても、治験終了後の事務処理に関しては、本人の能力次第でスピーディーに済ませることが可能です。仕事を素早く処理できるということは、残業を減らすためだけではなく、自身のスキルアップにもつながるのです。

CRAの業務では残業が発生しやすいのは間違いないので、薬剤師や看護師など他の医療関連の職業から転職する際には、ある程度の覚悟が必要でしょう。特に、薬剤師からの転職の場合には、それまでの勤務先は病院や調剤薬局、ドラッグストアであることが多く、たいていは定時に仕事を終えて帰宅できていたはずです。残業があったとしても、それはわずかである場合がほとんどです。そのため、CRAに転職したことによって「薬剤師のほうが残業が少なかったのに…」ということもありえます。CRAには多少なりとも残業が伴なうので、絶対に残業はしたくないと考えている人は、他の仕事を選ぶべきでしょう。ちなみに、残業をすれば、当然、残業手当が支給されます。負担にならない程度に上手に残業をこなせば、収入アップも見込めます。

残業と同様にCRAにつきものなのが、休日出勤です。求人情報を見ると「土日祝休み」と記載している企業もありますが、その数は決して多くはありません。CRAが携わる治験という業務の性質上、きっちりとした週休2日制は難しいと思っておいたほうがいいでしょう。だからといって「休日なし」というわけではないので、土日に出勤したとしても、その分は、別の日に休日が取れるようになっているのはいうまでもありません。交代制などの勤務シフトは企業によって様々なので、求人を考える際には、事前に確認が必要です。

残業や休日出勤がつきもののCRAですが、求人によってはこれらがない・少ない案件はあります。そうした就職先・転職先を探す場合は、専門の転職支援サービスなどを利用するといいでしょう。「残業なし」「土日祝休み」の求人案件が見つかるでしょう。

この3サイトを使っておけば、間違いなし!

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬キャリ

→→すべてのサイトを含むランキングをご覧の方はこちらへどうぞ
© 2012-2015 人気のCRA求人をランキングでご紹介!