CRA求人サイトTOP画像

福利厚生の充実した求人

CRA(臨床開発モニター / Clinical Research Associate) の仕事は、様々な職業の中でも激務の部類に入るといえます。CRAが携わる医薬品の治験(臨床試験)は、新薬の承認を得るために様々な試験を行なうものです。それらの試験を実施するための準備はもちろん、あらゆる方面との折衝や事務処理など多岐にわたる業務をこなさなくてはならないため、CRAの仕事は自ずと激務になってしまいます。さらに、CRAが所属するCRO(受託臨床試験実施機関)によっては、出張が多くある場合もあります。CRAは、一般的なイメージでは「内勤」と思われがちですが、実際はかなりアクティブな仕事で、多方面とのやり取りや契約に関する事務処理など、非常に忙しい職業なのです。

CRAは、外側から見たイメージと、実際の現場に大きなギャップがある職業であり、こうした現実を知らずにCRAになった人の中には、あまりの激務に耐えられなくなり、結局、離職してしまうというケースも少なくありません。しかし、治験は新薬の開発に欠かせない重要なプロセスであり、それを経てこそ医療の進歩につながるわけですから、こうした責任重大な業務の現場に身を置けることは、大きなやりがいとなるはずです。仕事の性質上、CRAが激務となってしまうのも当然のことで、それだけの覚悟をもって仕事に臨めば、苦痛と感じずにやり通せるはずです。CRAが激務というよりも、むしろCRAとして臨床開発に携わり、成功に導いていくというポジティブな発想と前向きな姿勢が求められる仕事だといえるでしょう。

CRAは一般的な事務作業のように気楽にできる仕事ではありません。一人前のCRAとして活躍するためには、厳しい研修を受けたり、社内の認定試験に合格しなければなりません。それは、会社や世の中からそれだけ期待されている証でもあるのです。本人も、第一線で活躍することを目指して、厳しい研修や難しい認定試験を乗り越えてきたはずです。そして、この場合の「活躍する」ということは、「激務をこなす」ということでもあります。しかし、すでに現場で活躍しているCRAたちは、自分の仕事を「業務」だと感じているどころか、むしろ「やりがい」と感じて取り組んでいます。

CRAの仕事には大きなやりがいがあるとはいえ、激務であることには間違いありません。しかし、仕事が原因で体を壊したり、精神的に参ってしまうようなことがあってはなりません。そのため、 CRAの求人の多くは、充実した福利厚生をアピールしています。「厚生年金」「健康保険」「雇用保険」「労災保険」「人間ドック受診」「インフルエンザ予防接種」「退職金」「産休・育休・介護休暇制度」「財形貯蓄制度」「社外研修」「英語研修」など、様々な制度が設けられています。このなかでも、人間ドックやインフルエンザ予防接種などは、同居する家族も対象となっている場合もあります。CRAは激務である分、手厚い福利厚生制度が用意されているのが一般的です

薬剤師からCRAへ転職を考えているなら、薬剤師専門の求人・転職サイトのサービスを利用するといいでしょう。福利厚生制度が充実した求人案件が見つかるはずです。

この3サイトを使っておけば、間違いなし!

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬キャリ

→→すべてのサイトを含むランキングをご覧の方はこちらへどうぞ
© 2012-2015 人気のCRA求人をランキングでご紹介!