CRA求人サイトTOP画像

CRAの研修

CRAと言う仕事は採用されたからといってすぐに業務が務まるような簡単な仕事ではありません。多くの会社で研修制度というものを大抵の場合設けており、CRAも入社後には入社後は数日間、研修期間を経てから現場への配属というパターンが多いです。

CRAの研修では開発支援スタッフとして必要な知識を身につけ、実務スキルをもつように育成されます。いくつかのCRA研修機関がありますが、中には研修最終日には試験が実施され、合格点に達すればCRAとして知識をもったスタッフであるという認定証が発行される研修期間もあります。CRAの場合はだいたい10日前後の期間で60時間から80時間を必要として研修が行われています。

研修はCRAとして採用される前の段階、つまりCRAとして転職を考えている場合の人でも受講することは可能です。臨床開発研修希望者を対象に事前に説明会も開催されているので、まずはそういった説明会に参加して臨床開発の概要や仕事内容等の情報を収集することをおすすめします。CRAの研修は企業に属していない個人の方でも受けることは可能です。これからCRAを目指すという人にとっては説明会や研修の場はCRAを知る手段としてもっとも最適です。

CRAの研修ではオリエンテーションでまず研修の目的やこれからの受講内容の説明を受けた後、医薬品の研究開発概論や臨床試験の目的、薬事法などを学んでいきます。その後、GLP(非臨床試験の実施基準に関する省令)やGCP(医薬品の臨床試験の実施の基準)の概要や条文を学び、GCPに則った治験の進め方を学んでいきます。そして最後に治験実施に関する組織体制や役割を学び、ジェネリック医薬品についても学んでいきます。

実際にCRAの研修を受けた受講者からはより一層興味が高まった、医療の知識をCRAとして活かしてみたいといった声を耳にします。研修は既に医療従事者である人が、より視野を広げるため、再勉強の目的として受講する人も中にはいます。CRAになってからでも、時にこうした研修制度を利用して今一度自分自身を見直すという意味で研修を受けてみるのも良いかもしれませんね。新しい何かの発見に繋がるかも知れません。

CRAの研修ではコミュニケーション能力の大切さも実感できるといいます。CRAはただ臨床開発の業務に努めるだけではなく、治験者と医師とのコミュニケーションもCRAとして必要な大事な能力の一つでそうです。研修はCRAとして活躍するため、すでにCRAとして働いている方でも、ワンラックアップを目指して学習をしなおす手段として利用できる場だとも思います。

この3サイトを使っておけば、間違いなし!

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬キャリ

→→すべてのサイトを含むランキングをご覧の方はこちらへどうぞ
© 2012-2015 人気のCRA求人をランキングでご紹介!