CRA求人サイトTOP画像

CRAの平均年収

CRAの給料は、大卒で初任給22万円程度、年収300万円程度が一般的で、他の職業と大差はありません。 しかし、これはあくまでも新卒者や未経験者の場合であり、 CRAという職業は、経験と実績を積み重ねることによって高収入を得ることが可能です。 たとえば、マネージャークラスになれば年収1,000万円を超えることも珍しくありません。 そのため、努力して経験を積んだ分、多くの収入を手にすることができる、やりがいのある仕事でもあります。

CRAは、はじめからその職を目指して薬学部などの大学で勉強してきた人と、他の職業から転職によってCRAを目指す人とに大別されます。 転職によってCRAを目指す人には、薬剤師や看護師など、すでに医療関連の資格を有し、実際の職務経験のある人が多く見られます。 CRAは医薬品に関する豊富な専門知識が求められる職業なので、薬剤師や看護師が圧倒的に有利なのは事実です。 転職の際はもちろん、就業してからも、それまでに培った高度な知識と経験を存分に活かすことができるという点でもかなり優位といえるでしょう。

ただし、採用に際しては、薬剤師や看護師としての経験を「経験」として考慮し優遇してくれる企業は多くありません。 外資系のCRO(医薬品開発業務受託機関 / contract research organization)などを除けば、 ほとんどの場合は「未経験」とされ、それまでのキャリアに見合った待遇を受けられないケースが目立ちます。 したがって、新卒者と同等の給料22万円程度からスタートすることになります。 経験者であれば26万円程度からとなっていますが、年収アップを目的として転職する薬剤師や看護師にとっては、不利な条件となってしまいます。

もっとも、CRAは経験がモノをいう職業でもあるので、キャリアさえ積めば確実に給料はアップし、他の職業よりも多くの収入を得ることが可能です。 転職してから若干の期間は我慢が必要ですが、いずれ報われるときが必ず訪れるので、それを期待し、日々、職務に励みましょう。 特に、臨床開発の基準に関して、製薬会社や医療機関に対する義務化が図られるなどCRAの出番が増えているので、非常に将来性が大きいのは事実です。 法律が改正され、薬学部6年制が導入された現在、薬剤師が飽和状態になると囁かれており、薬剤師の活躍の場が減少し、将来性が低くなっているなか、CRAの需要はさらに高まると見られています。

このように、CRAは経験を積んだ薬剤師や看護師から、年収アップだけではなくステップアップを目的とした転職先として人気が高まっています。 国内企業の場合は、薬剤師や看護師としての経験を「経験」として考慮してくれないケースが多いものの、 外資系企業であれば考慮し優遇してもらえることもあり、年収アップにつながる可能性があります。 高収入を目指して転職するのであれば、外資系企業の求人を探してみるといいでしょう

CRAは薬に関する豊富な専門知識のほか、医師や看護師、その他の多くの人と関わる仕事なので、 コミュニケーション能力・マネジメント能力・コーディネーション能力など、非常に多岐にわたる多くのスキルが求められます。 薬剤師からCRAに転職する場合には、薬剤師専門の求人・転職サービスを利用すると大変便利です。専門のコンサルタントから適切なアドバイスを受けることができ、あなたの理想の転職先が見つかるはずです。

この3サイトを使っておけば、間違いなし!

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬キャリ

→→すべてのサイトを含むランキングをご覧の方はこちらへどうぞ
© 2012-2015 人気のCRA求人をランキングでご紹介!