CRA求人サイトTOP画像

CRA業界を辞めたい場合

CRAは高収入で福利厚生や休日面でも好条件といわれている大変人気の高い職業の一つです。おおよそどこの製薬会社でもCRAに対する条件に差はないようですが、実際働いてみないことには会社の雰囲気や形態はわからないものです。どんなにCRAの雇用条件がよくても職場に馴染めない、対人関係を築けないといったストレスが離職に繋がるケースはあります。離職率が低いといわれるCRAであってもすべての人にとって万能の職業というわけではありません。

CRAはとても魅力的な仕事で、就きたくても誰もが簡単に就ける職業というわけでもありません。最近は求職率も以前に比べては多少戻りつつあるものの決して高いとは言えない状況です。せっかく就けたCRAであっても収入面での魅力、雇用条件などではカバーしきれない理由でこの業界を辞めたいと思う場合も残念ながらあるようです。

CRAは離職率の低い職業ですが、職場の雰囲気、コミュニケーション能力の欠如、人間関係の悪化、激務による疲労、ストレスといった理由でCRAという職業から退くようです。 また、女性の場合で言えば、CRAは休日が週2日と確保されている場合が殆どです。そのため子供を持つ母親でもCRAとして仕事を続けることは可能だと言われますが、実際に子育てしながらの仕事は出張も多い職業のため周囲のサポート無しには難しいのが現実です。こうした子育てを理由にCRAを辞めざるを得ないという理由もあるでしょう。

CRAを辞める場合、相当な理由でもない限り必要最低限自分が担当していた業務を終えるなど、ひと段落つけた段階で辞めることが望ましいです。CRAに限らずですが、どの仕事であっても無責任に途中放棄して他に任せにすることは良いことではありません。臨床開発というとても重要な仕事をしているという自覚や責任感を持って最後まで自分の仕事に責任を持ちましょう。また、次に仕事を請ける人への引継ぎは必ず行う必要があります。

仕事を辞める前は辞める人の代わりとなり人材の補充、引継ぎを考えて辞める数ヵ月前に申し出ることが望ましいです。経験者ならともかく、入ってすぐに安心して仕事を任せられるといった甘い職業ではありません。退職を決める前に直属の上司や同僚などにしっかりと相談して自分だけで悩みを抱え込まないことが大切です。

これからCRAを目指す人、就職を希望する人はCRAという職業をしっかりと理解しておきましょう。CRAを辞める時は必要最低下の礼儀をわきまえ、会社に迷惑が掛からないようにしましょう。お世話になった方々への挨拶も忘れないように。

この3サイトを使っておけば、間違いなし!

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬キャリ

→→すべてのサイトを含むランキングをご覧の方はこちらへどうぞ
© 2012-2015 人気のCRA求人をランキングでご紹介!