CRA求人サイトTOP画像

CRA業界の就職の心構え

CRAはまだ新しい仕事です。臨床開発アソシエートといって、新薬を作る場合の治験者のコーディネートを全般に任されるお仕事です。CRAはまだ新しい職種の仕事であるために、転職にあたってまだあまり仕事の内容が理解されていないのが実情です。ここではそんなCRAの仕事を改めて振り返り、転職にあたっての心構えを書いておきましょう。

CRAは一般的にコメディカルとして何らかの資格を有する専門家の更にその上の管理責任者がなるような資格です。一般には看護師の上級職で、職場によってはそのほかの薬剤師や臨床検査の専門家が当たることもあります。

職能は看護師で言えば看護師長などの看護管理職相当級であり、現場の管理責任者であるために、仕事は一般に忙しい傾向があります。転職に当たっては、民間が期待されて行う新しい職種で、その前提となる業務負担もきわめて大きいということは考えておくべきでしょう。

新薬の開発現場では、3層に分かれる新薬の候補物質の選択の過程に当たるために、治験者のデータの収集や、患者やモニターとして参加する参加者にきちんとした接遇態度などももっていなければなりません。また、先ほどもかきましたが現場の責任を任される傾向が強く、実際には見えないさまざまなしごとを任されていることがあります。残業や職場環境の変化にも柔軟に対応することを考えておかなければなりません。

CRAの現場は現在非常に注目が集まっており、国の予算配分やベンチャー企業の参加なども増加しています。CRAは需要の高い分野でありますが、ただのキャリアのステップアップというだけでなく、こういった職場でかかる負担についても必ずよく事前に調べて心構えをしっかりとしておくべきでしょう。おそらく適正がはっきりあって、現場で率先して指揮をとりタフな働き振りを周囲に認められるような看護師さんなどは非常に向いています。現場では立場の違う複数の人と連携して仕事をする場面が多く、自分ひとりで考えるというよりは、チームワークを組んで組織全体で仕事をしてゆける人のほうが、よいでしょう。

この3サイトを使っておけば、間違いなし!

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬キャリ

→→すべてのサイトを含むランキングをご覧の方はこちらへどうぞ
© 2012-2015 人気のCRA求人をランキングでご紹介!