CRA求人サイトTOP画像

看護師からの転職

臨床開発モニターCRAは、これまでになかった新しい薬が広く実用化される前に、その有効性や安全性を確認するために実施される治験(臨床試験)に携わる重要な業務です

医薬品が実際の医療現場で用いられるようになるまでには、多くの時間をかけて研究・開発が行なわれます。こうしたプロセスの最終段階において、実際に患者などへの投与を行ない、その有効性(効果)や副作用などの安全性の確認を行なう治験(臨床実験)を実施しなければなりません。こうした治験結果をまとめ、厚生労働省に認可の申請を行ない、承認を受けて初めて病院などで使用されることになります。

治験を実施する際に、各種の契約やモニタリング、治験終了の際の手続きなど、様々な業務を行なうのがCRAの役割です。治験を開始する前に、治験を実施する医療機関の評価を行なったり、担当医師の選択、治験日程の調整、契約の締結・確認、治験に携わるスタッフへの説明会の実施など、多くの事前準備を行ないます。治験開始後のモニタリングや、治験終了後の治験関連支給品の回収、医師からのコメントの回収、報告書作成など、治験の前段階から終了後に至るまで、すべての業務を行なう職業であり、医薬品の臨床開発には欠かせない重要な存在です。

CRAには、高いコミュニケーション能力が求められます。なぜなら、治験を実施するうえでは、医師や薬剤師などの治験スタッフと接する機会が多いからです。また、治験は薬を扱う試験であるため、医薬品や医療に関する高度な専門知識が求められます。そのため、看護師や薬剤師などの有資格者にとっては、非常に有利な仕事であり、キャリアアップにつなげることもできます

日本では、医薬品の開発から販売までの間に行なわなければならない試験などについて定めたGCPと呼ばれる、臨床試験の実施に関する基準があります。近年、治験などの実施については義務化が図られたこともあり、CRAに対する期待はますます高まるとともに、需要も増加し、薬剤師や看護師など医療従事者の転職先としても人気が高まっています。

CRAになるために特定の資格は必要ありませんが、すでにCRAとして働いている人の半数近くは看護師の経験者だといわれています。つまり、CRAという仕事は、看護師としての医療現場での経験や知識を活かす新たなキャリアチェンジの選択肢となっているわけです。実際、CRAに求められる必須のスキルには、臨床経験やコミュニケーション能力があり、看護師として培われた経験をそのまま活かすことができます。

看護師からCRAに転職することによって、不規則な就業形態から規則的な就業形態へと変わり、ライフスタイルも一変することになります。これにより、異業種の人たちと出会う機会も増え、社会人としての基本的なビジネスマナーを習得することができます。こうしたこともあり、今後、看護師からの転職組が増加すると見られています。

CRAへの転職を考えている看護師は専門の転職支援サイトなどのサービスを利用することをおススメします

この3サイトを使っておけば、間違いなし!

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬キャリ

→→すべてのサイトを含むランキングをご覧の方はこちらへどうぞ
© 2012-2015 人気のCRA求人をランキングでご紹介!