CRA求人サイトTOP画像

CRAの志望動機を考える

CRAの志望動機は、新卒での就職なのか、あるいはキャリア組の転職なのかによって、かなりの違いが出てきます。新卒の就職の場合であれば、医療業界やCRAとしての経験はもちろん、社会人としての経験がまったくなく、CRAに対する頭で描いたイメージや、周囲の人から聞いた話をもとにCRAを目指していることがほとんどです。そのため、まだ「現実」というものを知らないまま、CRAの仕事に興味がある、医療業界に興味があるといった感覚の志望動機となるようです。

キャリア組の転職の場合は大きく2つに分類されます。まずひとつは、他社ですでにCRAとしての経験を積んできた場合、そしてもうひとつは、薬剤師や看護師など、他の医療関連の職種に携わってきた場合です。CRAとして経験を積んできた人が転職する場合は、キャリアアップしたい、より質の高い仕事をしたい、責任ある立場で業務に臨みたいといった前向きな志望動機が多くみられます。一方、薬剤師や看護師からの転職の場合は、医療に携わる者として、さらに奥深い業務をしたい、患者と接する前の段階から医療に関わりたいといった志望動機が目立ちます。どちらの場合も、CRAとして何をやりたいのか、入社した場合に自分には何ができるのかなど、明確な意志や目標をしっかり持っていれば、難関であるCRAの採用試験に合格する確率が高まります

CRAへ転職する場合の志望動機は、必ずしも前向きなものばかりではありません。これまでCRAとして経験を積んできた人の中には、「仕事がきつい」「人間関係がうまくいかない」といったネガティブな理由で転職を考える人も多くいます。CRAは、様々な人と関わることが多いため、人間関係の悩みを抱えてしまうケースも少なくありません。それまでCRAとして活躍してきた経験があるので、コミュニケーション能力は備わっているものの、世の中には実に様々なタイプの人がいるので、それに耐え切れない、うまくやっていけないといったことが起きてしまうのも、やむを得ないといえるでしょう。仕事がきついという点についても、ある程度想像はしていたものの、それを上回る激務に耐えられなくなることもあるようです。

こうしたネガティブな志望動機は、転職活動を行なううえでマイナスになる可能性があるので、やはり事前の対策が必要になります。自分で考えて対策を講じるのも結構ですが、ひとりで問題をクリアするのはなかなか難しいものです。転職・求人支援サイトなどを利用して、プロの力を借りるのが賢明といえます。

薬剤師からCRAへの転職を目指すのであれば、やはり薬剤師専門の求人・転職サービスを利用するのが一番の近道といえます。有効に活用してキャリアアップを目指しましょう。

この3サイトを使っておけば、間違いなし!

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬キャリ

→→すべてのサイトを含むランキングをご覧の方はこちらへどうぞ
© 2012-2015 人気のCRA求人をランキングでご紹介!