CRA求人サイトTOP画像

神奈川にある企業のCRA求人情報をお探しの方へ

神奈川県では、神奈川県医師会治験ネットワークが設置されていることによって、臨床開発事業が積極的に推進されているエリアとなっています。そのため、武田薬品工業株式会社やファイザー株式会社など、医薬品のブランド企業として有名な大手の製薬会社の多くがオフィスを構えており、経験者、未経験者に関わらず、臨床開発事業に関する数多くの求人案件を提供しています。

これまでに臨床開発モニター(CRA)として働いた経験がないからと言って、転職をあきらめる必要はありません。もし薬剤師として医療機関や調剤薬局などで働いた経験があったり、製薬会社のMRとして仕事をした経験があったり、あるいは看護師として勤務をした経験があるのでしたら、CRAとして転職活動を成功させることのできる可能性があります。

CRAとして働くうえで頭に入れておきたいのは、一か所にとどまって仕事をする職種ではなく、全国各地を飛び回りながら仕事をするということです。臨床開発事業は製薬会社だけで成り立つ事業ではなく、医療機関の協力が必要となります。そのため、全国各地にある医療機関が対象となり、それぞれの治験プロジェクトに応じて対象となるアサイン先を決めていくことになりますので、プロジェクトごとに違った医療機関と治験業務を進めていきます。

CRAは各医療機関に通院している患者から得られる治験データを入手する目的で定期的に医療機関を訪問しますが、訪問の目的はそれだけではありません。決められた臨床開発スケジュールに従ってきちんと治験業務が進行しているかをモニタリングし、定められたプロトコルに従った治験が行われているかもチェックしています。もし治験プロセスに問題があれば、担当医師と詳細について打ち合わせを行い、業務が適切に進行されるように調整を行います。

このように、CRAはプロジェクトを適切に進行させるためのマネジメントを行うことがメイン業務となります。そのため、薬剤師としての知識があるだけでは十分ではなく、異業種であったとしても他部門のスタッフが関係するプロジェクトにおいて、マネジメント業務を行った経験があるようなキャリアがあると、より好ましいと言えるでしょう。もちろんこういった経験がないと転職を成功させることができないといったことはありませんが、それまでの自分のキャリアにおいてチームで目的を達成した経験があると、転職活動をよりスムーズに進めることができるでしょう。加えて、新薬の開発に携わることによる社会貢献について、自分なりのモチベーションを持っていることをアピールするようにしましょう。

この3サイトを使っておけば、間違いなし!

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬キャリ

→→すべてのサイトを含むランキングをご覧の方はこちらへどうぞ
© 2012-2015 人気のCRA求人をランキングでご紹介!