CRA求人サイトTOP画像

CRAの業界動向

CRAは新薬の開発と実用化が進んでおり、将来性の高い職業ですが現在の動向情況はといえば、一昨年をピークに現在は少し下降傾向にあると言われています。これは、CRAのアウトソーシング化が進んでいることが影響しています。

現在はCRAの求人も回復基調に戻りつつあり人材募集も少しずつですが増えつつあるといいます。ただ、ピーク時のような求人数ではないため、CRAは狭き門かもしれませんね。現在は医薬品に開発支援会社であるCROの需要が高まっており、求人数も多い状態が続いており、今後もさらに求人数が増えるだろうと言われています。

CRAへの転職がかなわずCROへ転職を切り替える人も多いでしょう。CROでも看護師、薬剤師などといった医療知識のある人材を求め、人材育成に努めています。さらには採用の幅を広げて、医療関係者に留まらず理系、生化系を専攻していた人を求めるなどCROの体制を強化しておりCRAとは対照的に現在はCROのニーズは高まる一方となっています。

しかし、だからといってCRAもなくてはならない職業であり、今現在も求人は続いています。CRAは臨床データの収集や治験業務、医師との関係を気付くといったやりがいのある職業です。少し視点を変えてみて、例えば求人枠が少なくCRAへとしての転職、就職が難しい場合にまずCROとして就職して違った側面からCRAの業務に携わるという考え方もあります。

CROは医療臨床未経験者の採用も取り入れていますが、CRAは看護師、薬剤師、臨床検査技師といった医療従事者であった経験や資格が必要とされていました。しかし、最近では理系の大学卒を採用する企業も増えています。その他、化粧品業界やMR、医療系の営業経験者やサプリメントを取り扱う業務経験者などCRAの条件幅が広がり、以前に比べて敷居が低くなった感じがします。

そのため、余計にCRAへ求人数に対する求職者の人数が多くなっているのかも知れません。薬品業界が現状世の中から無くなることはなく、ジェネリックの普及により今後益々新薬に対する需要はますます増えると思います。絶対はないですが、薬がこの世からなくならない限り、CRAの需要は勝るとも劣らないのではないでしょうか。

この3サイトを使っておけば、間違いなし!

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬キャリ

→→すべてのサイトを含むランキングをご覧の方はこちらへどうぞ
© 2012-2015 人気のCRA求人をランキングでご紹介!