CRA求人サイトTOP画像

CRA業界は激務?

一般的にCRAは他の業種に比べても激務だと言われています。CRAは新薬の治験業務を担いますが、その準備から様々な治験に関する業務、事務処理等をこなし、試験の結果までをまとめて報告しなければなりません。その間、治験患者さんや医師との疎通を図り人間関係も円滑にする必要があり、否が応でも激務とってしまいます。

CRAはイメージ的には病院などでの内勤業務といった感じにうつりがちですが、実際は医師や治験者とのやり取りや、その他業務が多くとても多忙な業務だと言われています。CRAへの憧れだけで就職した人のなかには、実際のイメージと現実の業務内容が違っていたという人もいます。そのため激務に耐え切れずに退職する人も出てきます。現実問題、医療に関わる仕事で楽な仕事なんて無いと思います。単なるキャリアアップ、年収アップが魅力でCRAに就いたような人はギャップとの違いに負けてしまいがちです。

実際管理人も治験の被験者としての経験がありますが、担当のCRAは常にアクティブに動き回っていました。また被験者に余計な不安を抱かせないよう新薬について丁寧かつ分かりやすく説明をし、実際に新薬を使うときもいつもそばでその様子を観察していたのを覚えています。治療が終わったあとは、親切な言葉をかけていただき、担当医師に報告を行い、治験の最終日まで毎回、清算窓口まで見送っていただいた覚えがあります。

このように、CRAは人間関係も大切にした上で日々の激務に対応できるだけの十分な能力を必要とする職業です。そもそも人の命に関わるかもしれない新薬の開発に携わっている職業ですから、そう楽な仕事であるはずありません。甘い考えではCRAという職業は勤まらないと言えます。しっかりと目標をもち、臨床開発という大きな仕事に携わる重み、大きな役割を担った仕事だという自覚、前向きな姿勢があって初めてCRAという業務が勤まるのではないでしょうか。

実際、CRAとして活動できるようになるまでには社内の厳しい研修や認定試験を受けなければなりません。合格して始めてCRAとして一線で働くことができます。 こうした経験の中でCRAの大切さを知り、激務以上にCRAに対する誇りや、やりがいを見出せるのだと思います。

CRAは頑張れば頑張っただけの成果を得られる実にやりがいのある仕事だといえます。激務をこなし様々な経験を積みかさね、立派なCRAとして一人前になるのではないでしょうか。

この3サイトを使っておけば、間違いなし!

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬キャリ

→→すべてのサイトを含むランキングをご覧の方はこちらへどうぞ
© 2012-2015 人気のCRA求人をランキングでご紹介!