CRA求人サイトTOP画像

正社員の求人

CRA(臨床開発モニター / Clinical Research Associate)の働き方は大きく分けて、製薬会社の正社員と、CRAを派遣するCRO(医薬品開発業務受託機関)への所属の2通りがあります。製薬会社の正社員CRAは、自社で開発した医薬品の治験業務にのみ関わり、CROからの派遣CRAは、治験を実施する様々な医療機関に出向いて業務を行ないます 。しかし、最近は製薬会社でのCRAの採用はほとんどなく、多くの場合はCROに所属することになります。

CRAは医薬品の開発に絶対に欠かせない重要な業務に携わる職業なので、製薬会社が正社員としてCRAを雇用するのが理想的ですが、近年、不況の影響などもあり、経費削減の動きが進行し、さらに臨床開発に関する試験の基準が変わったことで、臨床開発に関連する業務の多くをCROや派遣会社に外部委託するようになりました。

製薬会社の正社員CRAも、派遣会社所属の派遣CRAも、その業務内容はまったく変わりありません。ただ、製薬会社のCRAは、自社で開発した医薬品の治験に専念することになり、限られた範囲の世界しか見ることができません。一方、CROや派遣会社などのCRAは、特定の製薬会社だけではなく、様々な製薬会社の臨床開発業務に関わることができるので、あらゆる医薬品の開発業務に関わることができ、より多くの経験を積むことが可能です。こうしたこともあって、最近は製薬会社の正社員になるよりもCROや派遣会社にCRAとして就職・転職する人が目立つようになってきました。

求人については、CROや派遣会社は経験者しか採用しないところもありますが、「未経験可」としていることころがほとんどで、採用後に研修を行なって、質の高いCRAの育成を行なっています。ただ、派遣CRAの場合は、当然、各医療機関に出向いて業務を行なうため、そこでの人間関係の構築、信頼関係の確立が難しいという難点があります。治験に関わる医師や看護師、その他、多くのスタッフと関わることになるので、コミュニケーションは非常に重要です。しかし、これがうまくいかないと業務に支障が出る可能性もあります。さらに、ストレスが溜まって仕事の継続が困難になり、離職するケースもあります。地方などに出向いて治験を行なうこともあり、体力面での負担が大きくなりがちなので、特に女性には厳しい面が否めません。

製薬会社の正社員CRAであれば、社内で腰を据えて業務を行なえるメリットがあるので、心身ともに大きな負担や障害となることはありません。また、自社開発の医薬品の治験業務に専任することにより、特定の分野に特化し、より専門性を高められます。つまり、派遣CRAに比べると研究職的要素が多分にあるといえるでしょう。さらに、収入面・待遇面ともに派遣よりも優遇されるのが一般的で、安定性が高いといえるでしょう。

ただ、製薬会社の正社員CRAの求人は決して多くはないので、探すのに苦労することが考えられます。薬剤師がCRAに転職する場合であれば、専門の求人・転職サービスを利用すると効果的です。積極的に利用すれば、コンサルタントが製薬会社正社員のCRA求人案件を見つけ出してくれます。

この3サイトを使っておけば、間違いなし!

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬キャリ

→→すべてのサイトを含むランキングをご覧の方はこちらへどうぞ
© 2012-2015 人気のCRA求人をランキングでご紹介!