CRA求人サイトTOP画像

製薬会社の求人

CRA(臨床開発モニター / Clinical Research Associate)の求人のほとんどは、製薬会社と、CRAを派遣するCRO(医薬品開発業務受託機関)のものになります。製薬会社では正社員としてCRAを採用し、自社で開発した医薬品の治験業務に従事することになります。CROの求人に応募して採用された場合は、治験を行なう医療機関などに出向いて業務を行なうことになります。ただ、製薬会社の求人は非常に少なく、CRAを募集しているのはCROがほとんどです。

製薬会社の正社員であれ、CROから医療機関に派遣されるCRAであれ、医薬品を開発するうえで欠かせない治験という重要な業務に携わります。そのため、製薬会社の正社員CRAが自社開発の医薬品の治験業務に携わるのが理想といえますが、製薬業界も不況のため、人件費を中心とした経費削減の動きが進み、新規の人材雇用を行なわなくなってきています。また、臨床開発に関する試験の基準が変わったこともあり、臨床開発に関わる業務の多くをCROなど外部に委託するケースが多くなりました。しかし、製薬会社からの求人がまったくないというわけではないので、丹念に探してみるといいでしょう。

CRAとして働く場合、製薬会社勤務でもCRO所属でも、業務内容には何ら変わるところはありません。違いがあるとすれば、業務を行なう場所ぐらいです。製薬会社のCRAは、当然、自社開発の医薬品の治験に専念することになるので、社内、もしくは自社関連施設で治験業務に携わることになります。そのため、特定の分野など、限られた範囲の世界しか見ることができないという側面があります。これに対してCROから派遣されるCRAは、特定の製薬会社に限定されることなく、様々な製薬会社の臨床開発業務に携わることになり、多様な医薬品の開発業務に関わることになります。そのため、より多くの経験を積むことができるので、製薬会社よりもCROの求人に応募し、就職・転職する人が多くなっています。もっとも、これには製薬会社の求人自体が少ないという理由もあります。

CROのCRA求人の場合、採用条件を「未経験可」としていることころがほとんどで、採用後に独自に研修を行なうことでCRAを育成しています。製薬会社の求人の場合は「経験者」に限定されていることが多く見られますが、なかには「未経験可」としているところもあるので、薬剤師や看護師などからの転職の道もあります。

製薬会社に比べると、採用の間口が広いといえるCROですが、様々な医療機関に出向いて業務を行なうため、その都度、医師や看護師、その他のスタッフなどとの人間関係の構築や、信頼関係の確立を行なわなければなりません。しかし、製薬会社のCRAであれば、毎回、自社内や自社関連施設内で業務を行なうため、こうした手間は必要ないというメリットがあります。いずれにせよ、CRAは治験に関わる多くの人たちと接する機会が多いので、優れたコミュニケーション能力が求められます。

製薬会社のCRAのメリットは、基本的に社内での業務に専念できることにあります。毎回、違った場所で異なる分野の医薬品を扱うこともないので、特定のジャンルに関する知識を深めることができます。また、CROのCRAのように各医療機関を回ったり、地方への出張もないので、心身ともに大きな負担となることはありません。

製薬会社のCRAは、自社開発の医薬品の治験業務に専任することにより、特定の分野に特化し、より専門性を高めることができるため、研究職的要素が多いといえます。また、収入面・待遇面においても、CROのCRAよりも高待遇を受けられ、高い安定性があるといえます。

製薬会社のCRA求人は決して多くはないので、専門の転職・求人サイトを利用すると大変便利です。特に薬剤師がCRAに転職する場合は、薬剤師専門の求人・転職サービスを利用すると効果的です。積極的に利用すれば、効率よく仕事を探すことができます。

この3サイトを使っておけば、間違いなし!

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬キャリ

→→すべてのサイトを含むランキングをご覧の方はこちらへどうぞ
© 2012-2015 人気のCRA求人をランキングでご紹介!