CRA求人サイトTOP画像

派遣の求人

現在、CRA(臨床開発モニター / Clinical Research Associate)として働いている人の多くは、CRAを派遣するCRO(医薬品開発業務受託機関)に所属し、そこから治験を実施する医療機関に出向いて業務を行なっています。CRAは医薬品の開発に欠かせない業務に携わる職業なので、本来であれば製薬会社が正社員としてCRAを雇用するのが理想なのですが、最近は景気の悪化などによって人件費を含めた経費削減の動きが加速し、また臨床開発に関する試験の基準が変更されたこともあって、臨床開発に関連する業務の多くをCROや派遣会社にアウトソーシング(外部委託)するのが一般的になりました。

このように、CRAには製薬会社の正社員と、CRAを派遣するCRO(医薬品開発業務受託機関)に所属し、医療機関に出向く派遣CRAという2通りの働き方があります。しかし、製薬会社の正社員CRAも、派遣会社所属の派遣CRAも業務内容は同じです。両者の違いは、製薬会社のCRAは、自社開発の医薬品の治験に専念し、限られた世界しか見られませんが、CROの派遣CRAは、特定の製薬会社に限らず、様々な製薬会社の臨床開発業務に携わることができ、多様な医薬品の開発の現場を見ることができる点です。そのため、より多くのキャリアを積むことができるとあって、製薬会社の正社員になるよりも、CROの派遣CRAへの就職・転職希望者が増加しています

一部のCROでは経験者しか採用しないところもありますが、ほとんどの場合、「未経験可」となっています。なぜなら、採用後に独自に研修を行ない、質の高いCRAの育成を行なっているため、経験者であることを特に求めないからです。

派遣CRAは、各医療機関に出向いて、その都度、まったく異なる医薬品の治験業務を行なうため、医薬品に関する広い知識を得られると同時に、様々な経験をすることが可能なので、大きなやりがいを見出すことができます。ただ、地方などに出向いて治験業務を行なうこともあるので、体力面での負担が大きくなる可能性があります。もっとも、若いうちであれば、各地に飛んで行って、様々な経験をし、多くのことを吸収するのには適しているといえるでしょう。

派遣CRAは治験を実施する様々な医療機関に出向いて仕事をするので、そこでの人間関係や信頼関係の構築が非常に重要になります。医師や看護師、医療スタッフなどと関わることになるので、コミュニケーション能力が必要とされます。最初は戸惑うことがあったとしても、経験を積むうちにうまく対応できるようになるものです。むしろ、様々な場所で、様々な人と出会い、そこで様々な医薬品開発に携われることが、派遣CRAの醍醐味ともいえます

薬剤師からCRAへ転職するのであれば、薬剤師専門の求人・転職サイトを利用するといいでしょう。プロのコンサルタントがあなたに合った求人案件を見つけて提案してくれるでしょう。

この3サイトを使っておけば、間違いなし!

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

薬キャリ

→→すべてのサイトを含むランキングをご覧の方はこちらへどうぞ
© 2012-2015 人気のCRA求人をランキングでご紹介!